余裕がないときは・・・・・

心がささくれ立っているときには人の助言には耳を傾けられません。
それどころか、そんな言葉にすら刃向うような気持ちになってしまいます。
自分のダメなところだなとわかっているのにいじいじと落ち込むだけです。
我が家のトイレに“こころに沁みる詩”みたいなのがあるんですよ。
洋式のトイレに座ると目の前のあります。
だから自然に視線がそちらに向くのですが、その人に対して「あなたに言われる筋合いなんかない」と本気で思いました。
本当にそのまま悪態が口から出そうになって驚きましたよ。
余裕のないときはむしろ一人でいるべきかもしれないなと気が付きました。
もちろんそのときどきで違いますけどね。
人の話しを聞くのがうまい、薬剤師Kさんのことを思い出して私も見習いたいと思いましたよ。