肺MAC症

症状が気が付きにくく重症化して呼吸不全や肺を破壊してしまう場合がある。
お風呂はカビが多いというイメージですが、滞在時間が短いのでそこで肺炎にかかるということもありません。
中高年に襲う一度かかったら治りにくい肺炎があります。
朝から体調がいつもと違い、熱が出て咳が夜になってもなくならない。
一晩中続く熱や痰。
その症状が9か月も続きおかゆですら喉を通らない。
病院に行くと気管支炎とされましたが7年かかっても治らない。
やっとたどりついた原因は肺MAC症。
肺MAC症は年々増加しています。
何故、中高年に多いのかまだ原因はわかっていません。
肺MAC症は結核と似ている。
MACとは結核菌とそっくりです。
肺MAC症患者のCTは結核と同じように空洞ができている。
一番の問題は結核と違って完治が難しい。
抗生物質の服用な手術など。
MAC菌は人から人への感染は証明されていないが日常生活の中でいろんなところにある。